スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<怪獣酒場>ウルトラ怪獣たちが主役の居酒屋 3月オープン




 特撮ヒーロー「ウルトラマン」シリーズの怪獣をテーマにした居酒屋「怪獣酒場」が3月、川崎市のJR川崎駅前にオープンする。ウルトラマンを制作する円谷プロダクションが監修を行い、1年間の期間限定営業となる。

 ヒーローたちと戦うウルトラ怪獣たちが、夜な夜な憂さを晴らし、気力を養い、明日への新たな悪巧みをする場所「怪獣酒場」を、一部の時間帯に地球人に向けて開放することになった、というコンセプトの店舗。ウルトラマンに夢中になった40〜50代の男性をメインターゲットに、知名度の高い人気怪獣からマニア心をくすぐるような遊びを内装、小物、メニューなどに配した。活力がない男性でも元気になれるような「永遠の少年たちのオアシス」を目指し運営していくという。

 オープンにあたって「宇宙人・怪獣連合 代表」のバルタン星人より、下記のメッセージが寄せられたとしている。

 ■

 ワレワレは、偉大なる宇宙人・怪獣諸氏のための憩いと議論の場として密かに運営していた「怪獣酒場」を、キミたちが「地球」と呼ぶこの星「M240惑星」の住人達に、期間限定で一部開放(※地球初出店)することとなった。

 場所は川崎という地区だ。働き者たちが集まると聞いている。うまい酒で日ごろの疲れを癒しに来るが良い。開放時期は、地球時間で、2014年3月中旬を予定している。詳しくは、わが配下のモノに訪ねよ。「キエテ・コシ・キレキレテ」(※)など、つたない宇宙語で話しかける必要は無い。ワレワレは地球語でおkだ。

 なお、当件、ウルトラ戦士および地球防衛軍関係者には、くれぐれも告げるべからず。(Y)o¥o(Y) フォッフォッフォッフォッ

※「キエテ・コシ・キレキレテ」:『ウルトラマン』第2話で、科学特捜隊のイデ隊員が、バルタン星人に呼びかけようとした宇宙語。「僕、君、友達」を意味する。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140117-00000061-mai-soci
※この記事の著作権は配信元に帰属します。





もう見た?気になるサイトをピックアップ!

プロ並みのクォリティで撮影できる!デジタル一眼レフ上達講座



ほったらかしで毎月5万円!アフィリエイトブログの作り方

このマニュアルに沿ってブログを作っていけば、どんな初心者でも30分でほったらかしで稼げるアフィリエイトブログが作れます。→ 今ならノウハウ無料提供中

話題急上昇エンターテイメントニュース記事

オンラインショッピング

ページトップへ
八重の桜(やえのさくら)は、2013年1月6日より放送されているNHK大河ドラマ第52作である。福島県会津出身で、同志社を創設した新島襄の妻となった八重の生涯を描いた作品。明治時代後半期が主な舞台となるのは1985年(昭和60年)の『春の波涛』以来28年ぶりとなる。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。