スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

裁判員足りず公判中断=辞退続出、選任やり直し—水戸地裁




 水戸地裁は15日、現住建造物等放火罪に問われた男(65)の裁判員裁判で裁判員の辞退が相次ぎ、公判を維持できなくなったと発表した。地裁は公判を中断し、改めて裁判員を選任して再開する。
 地裁総務課によると、この事件の選任手続きは9日に行われ、裁判員6人と補充裁判員2人が選ばれた。その後2人が辞退したため、14日の初公判は最低限必要な6人で臨んだ。ところが15日の第2回公判前、さらに1人が体調不良を理由に辞退し、公判が開けなくなった。
 地裁は残った5人に対し、改めて公判期日を決めて審理を続けると説明したが、日程の都合などを理由に全員が辞退を申し出たため解任した。次の裁判員を選ぶ期日は未定という。 

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140116-00000001-jij-soci
※この記事の著作権は配信元に帰属します。





もう見た?気になるサイトをピックアップ!

重度の吃音(どもり)を35日で解消した経緯



ほったらかしで毎月5万円!アフィリエイトブログの作り方

このマニュアルに沿ってブログを作っていけば、どんな初心者でも30分でほったらかしで稼げるアフィリエイトブログが作れます。→ 今ならノウハウ無料提供中

話題急上昇エンターテイメントニュース記事

オンラインショッピング

ページトップへ
八重の桜(やえのさくら)は、2013年1月6日より放送されているNHK大河ドラマ第52作である。福島県会津出身で、同志社を創設した新島襄の妻となった八重の生涯を描いた作品。明治時代後半期が主な舞台となるのは1985年(昭和60年)の『春の波涛』以来28年ぶりとなる。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。