スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

八乙女光、ダメ男の役作り「いつも寝グセを直さず現場に」




 人気グループ、Hey!Say!JUMPの八乙女光(23)が主演する20日スタートのTBS系ドラマ「ダークシステム 恋の王座決定戦」(月曜深夜0・28)の完成披露試写会が17日、東京・秋葉原のUDXシアターで行われた。



 八乙女扮する自分勝手で小心者の主人公が、姑息な手を使ってでも意中の女性を射止めようと奮闘するラブコメディーで、単独ではテレビドラマ初主演となる八乙女は「台本が楽しくて、いつの間にか緊張感を忘れています」と充実の表情。ボサボサ頭のダメ男を演じるため、「いつも寝グセを直さずに現場に入っていました」と笑いを誘った。

 共演は昨年12月23日に一般女性との結婚を発表した俳優、弓削智久(33)やドラマ初出演となったモデル、玉城ティナ(16)ら。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140118-00000003-sanspo-ent
※この記事の著作権は配信元に帰属します。





もう見た?気になるサイトをピックアップ!

多汗症・ワキガをシャットアウト!スッキリサラサラ7日間メールセミナー



ほったらかしで毎月5万円!アフィリエイトブログの作り方

このマニュアルに沿ってブログを作っていけば、どんな初心者でも30分でほったらかしで稼げるアフィリエイトブログが作れます。→ 今ならノウハウ無料提供中

話題急上昇エンターテイメントニュース記事

オンラインショッピング

ページトップへ
八重の桜(やえのさくら)は、2013年1月6日より放送されているNHK大河ドラマ第52作である。福島県会津出身で、同志社を創設した新島襄の妻となった八重の生涯を描いた作品。明治時代後半期が主な舞台となるのは1985年(昭和60年)の『春の波涛』以来28年ぶりとなる。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。