スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<秘密保護法>国会チェック、欧米諸国は工夫 視察の議員団

 



 【ワシントン西田進一郎】特定秘密保護法の施行に向け、欧米諸国の議会が政府による特定秘密指定の妥当性をどう監視しているかを調査している超党派議員団の中谷元・団長(元防衛庁長官)らは17日、米国の首都ワシントンで記者会見した。公明党の大口善徳氏は「国会のチェックが非常に大事で、仕組みを相当各国が工夫していることが分かった」と語り、12月の施行期限までに国会法を改正し、国会が監視する仕組み作りを急ぐ考えを強調した。

 議員団はドイツと英国での視察の後、米国入りした。米国では、連邦議会でロジャース下院情報委員長ら議会関係者らと意見交換したほか、秘密の指定や解除が適正に行われているかをチェックする国立公文書館情報保全監察局(ISOO)などを視察した。

 中谷氏は「(各国は)議会で国家の貴重な情報を取り扱い、国のために活用している。本来、政府情報は国民の情報なので、重大問題では国会で協議するために使うべきだ」と述べ、秘密情報を議会が共有し、監視する重要性を強調。一方、民主党の三日月大造氏は「昨年12月に、極めて不十分な形で法案を通してしまったという感を改めて強く持った」とし、監視体制の不十分さを指摘した。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140118-00000026-mai-pol
※この記事の著作権は配信元に帰属します。





もう見た?気になるサイトをピックアップ!

楽譜が読めなくてもピアノは弾ける!30日でマスターするピアノ講座♪



ほったらかしで毎月5万円!アフィリエイトブログの作り方

このマニュアルに沿ってブログを作っていけば、どんな初心者でも30分でほったらかしで稼げるアフィリエイトブログが作れます。→ 今ならノウハウ無料提供中

話題急上昇エンターテイメントニュース記事

オンラインショッピング

ページトップへ
八重の桜(やえのさくら)は、2013年1月6日より放送されているNHK大河ドラマ第52作である。福島県会津出身で、同志社を創設した新島襄の妻となった八重の生涯を描いた作品。明治時代後半期が主な舞台となるのは1985年(昭和60年)の『春の波涛』以来28年ぶりとなる。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。