スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<雑記帳>試験に羽化る神社…北杜市・オオムラサキセンター




 世界の珍しいチョウを展示する山梨県北杜(ほくと)市の「オオムラサキセンター」に18日、チョウがさなぎから成虫になる羽化と試験合格をかけた「羽化(うか)る神社」がお目見えした。3月31日まで。

 受験生らに向け、職員の渥美友里子さん(24)らが企画。「お供え」用に、さなぎをかたどった布製のマスコットも準備中という。大人400円、小中学生200円の入館料を払い参拝する。

 渥美さんは大学卒業後、約1年間就職浪人し、大好きな生き物の仕事に携わる夢をかなえた。体長10センチ以上になるオオムラサキのように「力強く羽ばたいて」と受験生にエールを送る。【屋代尚則】

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140118-00000067-mai-soci
※この記事の著作権は配信元に帰属します。





もう見た?気になるサイトをピックアップ!

重度の吃音(どもり)を35日で解消した経緯



ほったらかしで毎月5万円!アフィリエイトブログの作り方

このマニュアルに沿ってブログを作っていけば、どんな初心者でも30分でほったらかしで稼げるアフィリエイトブログが作れます。→ 今ならノウハウ無料提供中

話題急上昇エンターテイメントニュース記事

オンラインショッピング

ページトップへ
八重の桜(やえのさくら)は、2013年1月6日より放送されているNHK大河ドラマ第52作である。福島県会津出身で、同志社を創設した新島襄の妻となった八重の生涯を描いた作品。明治時代後半期が主な舞台となるのは1985年(昭和60年)の『春の波涛』以来28年ぶりとなる。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。