スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<津波避難タワー>国がガイドラインを




 室崎益輝・兵庫県立大防災教育センター長(防災計画学)の話 周囲に高い建物がない地域で巨大津波に備える津波避難タワーは、住民の命を守る上で効果的と言える。しかし想定以上の高さの津波が来た場合の安全確保など課題も多く、定義があいまいなままタワーが増えるのは好ましくない。結果として命を守れない危険なタワーが建つ恐れもある。建築基準法の枠にとらわれず、国が速やかに安全基準やガイドラインを示すべきだ。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140119-00000012-mai-soci
※この記事の著作権は配信元に帰属します。





もう見た?気になるサイトをピックアップ!

重度の吃音(どもり)を35日で解消した経緯



ほったらかしで毎月5万円!アフィリエイトブログの作り方

このマニュアルに沿ってブログを作っていけば、どんな初心者でも30分でほったらかしで稼げるアフィリエイトブログが作れます。→ 今ならノウハウ無料提供中

話題急上昇エンターテイメントニュース記事

オンラインショッピング

ページトップへ
八重の桜(やえのさくら)は、2013年1月6日より放送されているNHK大河ドラマ第52作である。福島県会津出身で、同志社を創設した新島襄の妻となった八重の生涯を描いた作品。明治時代後半期が主な舞台となるのは1985年(昭和60年)の『春の波涛』以来28年ぶりとなる。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。