スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

埋め立て承認、堅持 仲井真知事、辞職を否定

 



 「市民が良識を示した。先頭に立って頑張る」

 再選が確実となった稲嶺氏は19日夜、普天間飛行場の辺野古移設に反対する意向を改めて強調した。

 名護市長選は、米軍普天間飛行場に配備されているオスプレイの拠点を辺野古に移すことに背を向ける結果となり、名護市民は「普天間固定化」を支持したに等しい。

 海に面し、危険性回避という条件で、辺野古は普天間飛行場より恵まれた環境にある。ところが、米軍再編の「一丁目一番地」の辺野古移設が進展しない限り、嘉手納基地(同県嘉手納町など)以南の基地返還に米側は応じず、沖縄の基地負担軽減も進まない。

 一方、仲井真氏は市長選の結果を受けて記者団に対し「有権者の意向は大きいが、もう承認したので今からどうこうできない」と述べ、県として辺野古移設への埋め立て承認を見直すことはないと強調した。辞職する考えも「全くない」と否定した。

 ただ、11月に予定される知事選への影響が早くも出ている。自民党那覇市議の一部が稲嶺氏の支援に回っていたのだ。背後に那覇市の翁長(おなが)雄志市長の指示があったとみられる。

 翁長氏はかつて自民党県連幹事長も務めたが、辺野古移設に反対してきた。保守と革新の両勢力を融合させた支援態勢で知事選に出馬し、仲井真氏かその後継候補と対決する構えだとされる。公明党への影響力も強く、同党が名護市長選を自主投票としたのも、翁長氏の差配だとの見方もある。

 仲井真氏は昨年12月、安倍首相にこう語っていた。

 「沖縄の基地は日本の安全保障に役立っている。アジア太平洋の安定と繁栄に貢献できるのは誇りだ」

 この仲井真氏の気概は市長選の結果により水の泡となりかねない。

 敗れた末松氏は、沈痛な面持ちで「大変残念だが、結果は結果として受け止めなければならない」と語り、支持者らに深々と頭を下げた。

 自民党幹部は、市長選の結果を「県全体の利益と国益を軽視した近視眼的な選択だ」としている。

 末松氏の支持者は、稲嶺氏が米軍再編交付金に頼らない市政運営を掲げていることから、「交付金は期待できなくなるだろう」と肩を落とす。稲嶺氏が市長を務めてから国からの再編交付金は停止され、4年間の不交付分は42億円に上っている。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140120-00000077-san-soci
※この記事の著作権は配信元に帰属します。





もう見た?気になるサイトをピックアップ!

楽譜が読めなくてもピアノは弾ける!30日でマスターするピアノ講座♪



ほったらかしで毎月5万円!アフィリエイトブログの作り方

このマニュアルに沿ってブログを作っていけば、どんな初心者でも30分でほったらかしで稼げるアフィリエイトブログが作れます。→ 今ならノウハウ無料提供中

話題急上昇エンターテイメントニュース記事

オンラインショッピング

ページトップへ
八重の桜(やえのさくら)は、2013年1月6日より放送されているNHK大河ドラマ第52作である。福島県会津出身で、同志社を創設した新島襄の妻となった八重の生涯を描いた作品。明治時代後半期が主な舞台となるのは1985年(昭和60年)の『春の波涛』以来28年ぶりとなる。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。