スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大阪モノレール延伸に意欲 松井知事、OTK株売却益で




 大阪府北部を走る「大阪モノレール」の門真市から東大阪市への延伸について、松井一郎大阪府知事は20日、「地元での負担を議論してもらい一緒に大阪の成長を支えるためのインフラを構築していきたい」と述べ、地元自治体と協力して整備を前向きに検討する考えを表明した。府は整備費として約1050億円を見込んでおり、採算性について3月末までに調査し、延伸の可否を判断する。

 松井知事が同日、府庁で行った東大阪、大東、門真3市の市議らとの意見交換の場で語った。延伸区間は門真市駅から近鉄と交わる東大阪市の瓜生堂(うりゅうどう)駅(仮名)までを想定しており、松井知事は府の第三セクター「大阪府都市開発(OTK)」の株式売却益を整備費に充てる方針を示した。

 大阪モノレールは府などが出資する第三セクター「大阪高速鉄道」(豊中市)が運行。平成15年には延伸を求める市民約26万人分の署名が集まるなど地元の悲願となっている。

 府内の鉄道整備をめぐっては、「北大阪急行」も豊中市から箕面市への延伸について、府と同市が3月までに事業費の負担割合や工期などを盛り込んだ協定書を締結する予定。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140120-00000547-san-soci
※この記事の著作権は配信元に帰属します。





もう見た?気になるサイトをピックアップ!

多汗症・ワキガをシャットアウト!スッキリサラサラ7日間メールセミナー



ほったらかしで毎月5万円!アフィリエイトブログの作り方

このマニュアルに沿ってブログを作っていけば、どんな初心者でも30分でほったらかしで稼げるアフィリエイトブログが作れます。→ 今ならノウハウ無料提供中

話題急上昇エンターテイメントニュース記事

オンラインショッピング

ページトップへ
八重の桜(やえのさくら)は、2013年1月6日より放送されているNHK大河ドラマ第52作である。福島県会津出身で、同志社を創設した新島襄の妻となった八重の生涯を描いた作品。明治時代後半期が主な舞台となるのは1985年(昭和60年)の『春の波涛』以来28年ぶりとなる。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。