スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<子宮頸がんワクチン>心身反応、否定できず 厚労省検討会




 子宮頸(けい)がんワクチン接種後に痛みを訴える中高生が相次ぎ、接種の推奨が一時中止されている問題で、安全性を評価する厚生労働省の専門家検討会は20日、「接種時の痛みや不安が身体の不調として現れた『心身の反応』の可能性が否定できない」との意見で一致した。勧奨再開についての結論は、次回報告書をまとめたうえで判断するとして見送った。

 医療機関の所見や同省研究班の報告を基に議論。接種後の長期にわたる広範囲の痛みや運動障害について、ワクチンの成分による免疫反応や中毒、神経系の疾患のいずれも「考えにくい」と結論づけた。そのうえで▽発生時期が患者により異なる▽リハビリや心のケアで症状が改善−−などから「心身の反応」の可能性に言及。子宮頸がんワクチンは他のワクチンより痛みが強く、きっかけになったと考えられるとした。さらに、3カ月以上続く痛みは、接種以外の要因も関与しているとしている。【桐野耕一】

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140120-00000112-mai-soci
※この記事の著作権は配信元に帰属します。





もう見た?気になるサイトをピックアップ!

重度の吃音(どもり)を35日で解消した経緯



ほったらかしで毎月5万円!アフィリエイトブログの作り方

このマニュアルに沿ってブログを作っていけば、どんな初心者でも30分でほったらかしで稼げるアフィリエイトブログが作れます。→ 今ならノウハウ無料提供中

話題急上昇エンターテイメントニュース記事

オンラインショッピング

ページトップへ
八重の桜(やえのさくら)は、2013年1月6日より放送されているNHK大河ドラマ第52作である。福島県会津出身で、同志社を創設した新島襄の妻となった八重の生涯を描いた作品。明治時代後半期が主な舞台となるのは1985年(昭和60年)の『春の波涛』以来28年ぶりとなる。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。