スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「基地移設自体は国が進めること」岸外務副大臣




 岸信夫外務副大臣は20日、BS日テレの「深層NEWS」に出演し、沖縄県名護市長選で、米軍普天間飛行場(宜野湾市)の移設反対派の現職・稲嶺進氏が再選されたことについて、「結果は真摯に受け止めるが、基地の移設自体は国が進めることだ。粛々と進めていかなければならない」と述べた。

 稲嶺氏が移設関連の事業に関し、市長として許可しない考えを示していることについては「許認可権は行政権であり、移設を止めるという政治意思で影響を及ぼしてはいけない。冷静に判断してほしい」と語った。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140120-00001338-yom-pol
※この記事の著作権は配信元に帰属します。





もう見た?気になるサイトをピックアップ!

多汗症・ワキガをシャットアウト!スッキリサラサラ7日間メールセミナー



ほったらかしで毎月5万円!アフィリエイトブログの作り方

このマニュアルに沿ってブログを作っていけば、どんな初心者でも30分でほったらかしで稼げるアフィリエイトブログが作れます。→ 今ならノウハウ無料提供中

話題急上昇エンターテイメントニュース記事

オンラインショッピング

ページトップへ
八重の桜(やえのさくら)は、2013年1月6日より放送されているNHK大河ドラマ第52作である。福島県会津出身で、同志社を創設した新島襄の妻となった八重の生涯を描いた作品。明治時代後半期が主な舞台となるのは1985年(昭和60年)の『春の波涛』以来28年ぶりとなる。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。