スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

押切もえ、苦難と希望を描いた処女小説で“夢見心地”




 人気モデル、押切もえ(33)が20日、モデル業界を舞台に女性モデルの苦難と希望を描き、昨年8月に発売した処女小説「浅き夢見し」(小学館、1260円)が、楽天ブックス選定の「2013年 隠れた名作」で総合1位に輝いた。「素晴らしい賞をいただき夢見心地でおります」と喜び、「これからもたくさんの本に触れながら、また小説を書いていけたらと思っています」。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140121-00000045-sanspo-ent
※この記事の著作権は配信元に帰属します。





もう見た?気になるサイトをピックアップ!

プロ並みのクォリティで撮影できる!デジタル一眼レフ上達講座



ほったらかしで毎月5万円!アフィリエイトブログの作り方

このマニュアルに沿ってブログを作っていけば、どんな初心者でも30分でほったらかしで稼げるアフィリエイトブログが作れます。→ 今ならノウハウ無料提供中

話題急上昇エンターテイメントニュース記事

オンラインショッピング

ページトップへ
八重の桜(やえのさくら)は、2013年1月6日より放送されているNHK大河ドラマ第52作である。福島県会津出身で、同志社を創設した新島襄の妻となった八重の生涯を描いた作品。明治時代後半期が主な舞台となるのは1985年(昭和60年)の『春の波涛』以来28年ぶりとなる。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。